出版後にコンサルティングサービスを募集し2700万円以上の売上、Kindle読者からビジネスのコンサルティング契約を獲得、出版したKindle書籍がほぼ毎日売れて印税収入を得ながら自動集客も実現、PMC参加直後に2社から出版マーケティングのコンサルティング契約を獲得など、このノウハウを学んだ人たちが次々と成果を出しているっていうのを読んで、すごく興味が出てきた。

江口美穂さんの電子書籍出版の活用法。

これって雑誌に載っていたもの?

私みたいな初心者でもできるのかなあ。

電子書籍出版の活用法のブロガーさんの実践レビューや、内容のネタバレを見てから判断しよう。

ヤラセじゃないよね。口コミとレビュー

著者・専門家という肩書きが手に入り信用力・ブランド力が上がる、商品やサービスから逆算した集客装置が作れる、レバレッジが効く仕組みが構築できる、月間利用者数5120万人のAmazonの集客力を活用できる、ライバルが少ないから早く結果が出る、というメリットがあるんだって。

ん?

これは買っちゃっても大丈夫ってことかな?

電子書籍出版の活用法の口コミ読んで納得した。